2015年 歌姫復活! New Single (Rojo -Tierra-) + New cover album (歌姫4 –My Eggs Benedict-)

The COMEBACK of the UTAHIME (Akina Nakamori) in 2015!

Screen Shot 2014-12-07 at 8.40.17 am

New Single (since 5 years ago – DIVA) and a new cover album from the series Utahime!

New Single (Rojo -Tierra-) @ New release on 21 Jan 2015

New cover album (歌姫4 –My Eggs Benedict-) @ New release on 28 Jan 2015

1月21日(水)リリース予定
2009年「DIVA Single Version」以来5年4か月ぶりニューシングルリリースが決定!!
歌姫復活に相応しい、中森明菜にしか歌えないエキゾチック・エレクトロニック・ダンス・ミュージックが完成予定。
アフリカ風サウンドとEDMと生命を感じさせる歌声が融合し、明菜史上、類を見ない新しい作品が誕生します。

オリジナル シングル
「Rojo -Tierra-」
初回限定盤 CD+DVD UPCH-9989 ¥1,700+税
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/upch9989
通常盤 CDのみ UPCH-5833 ¥1,200+税
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/upch5833
1月28日(水)リリース予定
あのシリーズが帰ってきます!!
シリーズ累計150万枚以上の売上を誇るカヴァーシリーズ<歌姫>の最新作リリース決定!!
今作のコンセプトは『ザ・ラブソング』
70年代後半〜2000年の名曲が選曲されており、原曲の素晴らしさに引けを取らない、強い歌心が響きわたる明菜ワールド全開のラブソング集になる予定。
このコンセプトを、1枚のお皿を愛らしく彩る対の”エッグ・ベネディクト“になぞらえ、よりイメージが膨らむようなタイトルになっております。
優雅なサウンドアレンジが特徴的でこれぞ“歌姫明菜、復活”といえる作品です。

「歌姫4 –My Eggs Benedict-」
初回限定盤 CD+DVD UPCH-9988 ¥3,500+税
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/upch9988
通常盤 CDのみ UPCH-2017 ¥3,000+税
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/upch2017

「スタンダード・ナンバー(南佳孝)」
「長い間(Kiroro)」
「あいのうた(倖田來未)」
「接吻(オリジナル・ラブ)」
「雪の華(中島美嘉)」
など、収録予定

<中森明菜> オリコン週間アルバムランキング 初登場3位 自身23年4カ月ぶりの快挙

Screen Shot 2014-08-12 at 8.18.54 pm

 

中森明菜 2014

明菜さん、おめでとうございます!

Congrats to Akina-san!

++  アルバム「オールタイム・ベスト -オリジナル-」が初登場3位を記録

( ALL TIME BEST – ORIGINAL) attained 3rd spot on the Oricon Weekly Chart !

++  カバー曲を収録した「オールタイム・ベスト-歌姫(カヴァー)-」は7位を記録

( ALL TIME BEST – COVERS ) attained 7th spot on the Oricon Weekly Chart !

 

// 1991年に発売されたシングル「二人静-『天河伝説殺人事件』より」以来、23年4カ月ぶりのトップ3入りとなった。

It has been 23 years + 4 months , since Akina last charted into TOP 3 in Oricon Weekly charts (in 1991, Futarishizuka)

// アルバムの同時トップ入りは自身24年9カ月ぶり

It has been 24 years and 9 months since Akina had 2 albums on the Oricon Top 10 charts on the same week!

 

It is such a remarkable achievement and definitely , something all Akina fans has been watching for and definitely, we hope to see Akina back on stage as soon as possible! 頑張って、明菜!待ってますよ〜

オールタイム・ベスト ‐オリジナル‐ 、 オールタイム・ベスト ‐歌姫(カヴァー)‐ 2014/8/6 発売!!

中森明菜 2014

 

Official Website : http://nakamoriakina.com

 

2014/8/6 発売!!

オールタイム・ベスト ‐オリジナル‐ (初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

a)  NEW SONG :  “SWEET RAIN” (ボーナストラック)

b)  DVD :  Live footage from LIVE 2000 !!! RARE!!!

Please purchase here : AMAZON

 

オールタイム・ベスト ‐歌姫(カヴァー)‐ (初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

a)  NEW COVER SONGS : 恋の奴隷 (ボーナストラック) , 男と女のお話 (ボーナストラック)

b)  DVD :  SONGS (NHK) – 2009 footage

Please purchase here : AMAZON

 

復帰に応援ください!よろしく!

2013 – 復帰!?

中森明菜、飯島直子「ブレイク熟女優」
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/asageiplus_11390

According to this website/news, Akina is preparing for her comeback in 2013 – vocal training and talks of a possible Spring Drama?!

I hope this is for real!! Can’t wait for her return!!

「ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアムBOX」

OFFICIAL RELEASE ON 28th MARCH 2012.





Akina and Mariya

It is no secret that if a poll was conducted between fans on their favourite Akina album, a large number of them would have 「Crimson」down as one of the Top 3 choices. It is my personal favourite because it presents Akina in a totally different light from the image that she usually projects with her single releases.

After her mysterious turn with 「不思議」which marks her first mature album, she follows it up with a 180 deg turn into exploring womanhood, with an album full of potential hits, but none released as a single.  山下達郎さん famously criticised her rendition of「駅」in Mariya’s million selling self-cover album 「Request」but retracted his comments later by saying that it was the arrangement rather than the singer.

「駅」is probably one of Mariya’s most covered tracks together with 「元気を出して」, which coincidentally was also originally recorded by 薬師丸ひろ子 in her debut album, and not released as a single. Mariya sings it with a free soul, having moved on totally from her ex-lover with 「駅」, but Akina’s version is painstaking, and in my humble opinion, a better rendition and interpretation of the lyrics, especially the bit where she realises that her ex-lover’s true love was her.

Recently, I started wondering about 山下達郎さん’s comments, and wonder if his comments had more to do with Akina not releasing any of the songs given to her by Mariya as singles, rather than his issue with her treatment of the song in「Crimson」. Mariya is a respected and accomplished songwriter and she brings clout to the singers who usually release her songs as singles, but Akina had chosen only to include it in an album. Did they believe that she showed disrespect this way? Should they have given 「駅」to Teresa Teng, because they thought it would make a nice 歌謡 song?

In my opinion, she should definitely have released 「駅」as a single, but then, I believe Akina preferred 「約束」because she performed that in 夜ヒット, and it would have made a better single than 「Fin」. Anyway, one can’t rewrite history but I think this performance below, which is one of my favourite Akina performances ever shows what a beautiful rendition Akina’s 「駅」is.

 

竹内まりや – 【駅】

A great start to Akina’s 30th Anniversary

gnj1112150506013-p3
gnj1112150506013-p5
gnj1112150506013-p4
gnj1112150506013-p6
gnj1112150506013-p7

While Akina recuperates and prepares for her 30th anniversary next year, there has been many relatively negative reports rehashing old news (comparison with Seiko, attempt suicide etc) and speculation on her “premature” retirement, most of which is frustrating, boring and most of all, trivial.

Today, we are greeted by this great news that TBS has decided to release Akina’s performances on the Best Ten program in a DVD boxset, making her the third artiste after Momoe and The Checkers to be honoured with this collection.

http://www.sanspo.com/geino/news/111215/gnj1112150506013-n1.htm

中森明菜、ザ・ベストテンDVDで復活

体調不良で無期限活動休止中の歌手、中森明菜(46)が往年のTBS系人気音楽番組「ザ・ベストテン」に出演した際の 名場面集DVD-BOXが、来年2月29日に発売されることが14日、分かった。「ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアムBOX」(5枚組12時間45 分、定価3万円)で、デビュー30周年を記念しての発売決定。明菜は「すっごく すっごく 嬉しい!!!」と直筆メッセージで喜びを示した。

明菜は1982年5月に「スローモーション」でデビュー。「ザ・ベストテン」は78年1月から89年9月まで放送され、明菜は松田聖子(49)の15曲を上回る歴代最多の17曲で1位を獲得した。1位獲得週も計69週間で、こちらも歴代トップの記録だ。

09年10月に発売された「ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版DVD-BOX」に続くスペシャル企画で、関係者によると療養中の明菜も可能な限り編集 をチェック。「ずっと何もしてあげられない あたしですが…ちょっと頑張ってみましたー みなさんに…少しでも喜んでもらえるかナ…と」とつづった。

体調不良は過労による免疫力低下が原因とされ、昨年10月下旬から活動休止中。所属レコード会社関係者によると「十分に静養してもらうが、明菜自身は復帰 について諦めていない」と明かし、復帰に向けて体質改善や体力づくりをしているとも。デビュー30周年に、歌姫復活への期待は高まりそうだ。

★名物シーン満載

盛り込まれているヒット曲は「少女A」「セカンド・ラブ」「北ウイング」「ジプシー・クイーン」など。番組名物だった中継では、新幹線の中で「十戒」を 歌った84年8月23日放送のシーン、プロ野球の阪神優勝に沸く大阪・阪神百貨店のタイガース・グッズ売り場で歌った85年10月31日放送のシーンな ど、懐かしい場面も収められている。

This news article basically reports that Akina is extremely happy (written in the personal note above) that they are releasing this collecti0n entitled “The Best Ten – Akina Nakamori Premium Box”, and premium is the right name as it is reported to be priced at around 30,000 yen, which is quite a hefty sum. It also glorifies Akina’s achievement on the program where she is the titleholder of most Number Ones for female artistes (17 in total to Seiko’s 15), and her grand tally of 69 weeks at No.1 is the highest ever for the program (male or female).

This is great news for all Akina fans and most of all for Akina herself, which is a new source of income for her (as it would close to nothing this year) and a great start for her in 2012. Let’s hope that she will be able to launch this herself.

Update:

Another article:

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111215/enn1112151241010-n1.htm

“休養”中森明菜の気になる近況…DVD発売の意味は?

歌手、中森明菜(46)がデビュー30周年を迎える来年の2月29日にDVD BOX「ザベストテン 中森明菜 プレミアムBOX」を発売することに なった。明菜といえば、松田聖子(49)と並んで“80年代アイドル”として一時代を築いた。だが昨年来、長期休養が続いている。直筆のメッセージを寄せ た明菜、今どうしているのか。

DVD BOXは、TBSの看板歌番組だった「ザ・ベストテン」(1978年1月19日~89年9月28日)で明菜が出演した30時間にも及ぶ映像を厳選して12時間45分に編集し、5枚組のDVDに収録。編集したDVDは可能な限り明菜本人がチェックしたという。

ランクインしなかったデビュー曲「スローモーション」を除き、「少女A」や「セカンド・ラブ」「北ウイング」「ジプシー・クイーン」などヒット曲の連続に 明菜の凄みを再認識。「ザベストテン」の名物だった“追っかけ中継”では、84年8月23日放送の新幹線の中で歌う「十戒」など生々しい場面も収められて いる。

発売にあたって明菜は、「ずっと何もしてあげられないあたしですが…。ちょっと頑張ってみました」などと直筆のメッセージをファンに寄せている。

明菜は昨年10月、所属事務所を通じて、体調不良による活動休止を発表。ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返しているが、本人は「復帰を諦めてはいない」と周囲に話しているという。

精神面のもろさを指摘するスタッフもいて、体質の改善や体力づくりを積みながら、30周年に備えているようだ。

「休養中の明菜が発売に踏み切ったのは、もちろんファンへの気持ちが大きいが、それ以上に当時の自分に自信と誇りを持っているためだと思う。今の自分を勇 気づけているようにも見えるし、スターとしてのプライドを持ち続けている証」と復帰に期待をつなぐのは、芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏。

DVD BOX発売がひとつの契機となるか。

From what I understand, the only interesting new item in this article is that they have edited the video footage from 30 hours to 12 hours and 45 minutes, due to sensitivity of other artistes appearing on the same program. One of the other VAMPires can translate the others.

This is Akina’s transcript:

《中森明菜のコメント》
みなさまへ
ずっと何もしてあげられない
あたしですが…
ちょっと頑張ってみましたー
ずっとずーと昔の物ですね…ですが…
みなさんに…少しでも喜んでもらえるかナ…と
あたしも大ぁぁーい好き…きっと…
みんなも大好きだと…思う…
ベストテンのDVDが出ますー
やったね!!!
すっごく すっごく 嬉しい!!!
みなさんも…本当!! 本当!!
楽しみにしていて… うれしいナ…
昔の自分… 自分でも 好き…
ありがとう みなさんへ
あきなより

北ウィング is a mystery

Call it a mystery or pure bad luck, but due to inexplicable circumstances (or someone just way too keen), 北ウィング lost out on the No. 1 coveted spot on the Oricon Chart in January 1984.

According to this site, if one observed the chart for 1984.1.9, which collects sales data for the week ending 1983.12.26, 北ウィング makes its debut on No.2 on its first week on the Oricon chart, selling 8.5万枚, losing out to eventual 1984 sales champ もしも明日か。。。by わらべ. Call it bad luck.

Chart 1984.1.19

If you look at the chart closely, you will notice that 北ウィング is the only single released on 1984.1.1.

Now, let’s look at the next chart, which collects sales data for following two weeks (as Japan shuts down for the New Year). You will see that 北ウィング sold more (two week total) at 12.3万枚, but still insufficient to defeat the champ.

Chart 1984.1.16

However, look at the sole new entry that week -クライマックス御一緒に by あんみつ姫 (小泉今日子). The release date for that single is the same as 北ウィング (1984.1.1), which means that 北ウィング’s entry in the previous chart was premature.

Somehow, Oricon had calculated 北ウィング’s sales in advance and charted it early, causing 北ウィング to miss out on the coveted No. 1 spot, which it would have because its combined sales would have been 20.8万枚, eclipsing もしも明日か。。。and entering at No.1.

What caused this? An over eager staff member releasing the single for sales earlier and Oricon punishing Warner? An over zealous Seiko fan who was working at Oricon? I guess we will never know. It’s unfair but there’s nothing we can do to correct “history”.

The only saving grace is that 北ウィング topped ザ・ベストテン chart for 5 weeks, which is a more definitive chart of sorts because it tabulated airplay requests as well.

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

%d bloggers like this: